日出ずる処

アクセスカウンタ

zoom RSS オキャクサマ。

<<   作成日時 : 2009/08/29 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

という言葉がきらいだった。

言葉自体が、というより、自分がその言葉を言うことに対して。
全然知らない人に、それも自分が苦手な相手にさえも、
最初からへりくだる感じがなぜだかすごく嫌いで、
その言葉を使っている自分を想像するだけで、背筋がぞっとした。
完全に自分自身の問題だ。

就職のときも、一般の人を相手にするのではなくて、
せめてBtoBの営業をしたいと思っていたのは、そういう理由も大きい。
技術系で入って、研究職に就く、という選択肢はなかったし。

昨日、今までの研修の棚卸しを込めた発表会が会社であった。
会社の先輩や幹部を相手に、新入社員が発表する。

そこで、ごく普通に「お客様」と言っている自分に驚いた。
研修の最初のころはすごく抵抗があって、
でも接客だからしょうがないと思って、
意識して使っていたのに。

たぶん何回も言ったと思う。
でも、いつ、どのタイミングで、どれくらい言ったかは全く覚えていない。
あとで、なんなく思い出して、驚いた感じだ。
「あ、そういえば自然に使ってたな」、みたいに。

でも、不思議と嫌な感じはしなかった。
かっこわるいな俺、とは全然思わなかった。

大学生の自分が、今の自分を見たら、きっとバカにするだろう。

社会人ぶるのは嫌いだ。
「いいよなー学生は気楽で」
とか言ってる人を見ると、
いやいや、お前だって学生時代さんざん気楽にやってきただろ、
社会人がいやならもう1回大学に入れよ、と思ってしまう。

「学生は休みが長くていい」とか「仕事しんどいし、学生に戻りたい」とかは
別になんとも思わないけれど、この、ちょっと学生を下に見るようなのが
嫌いなのだ。


でも、僕にとって、「お客様」を普通に言えるのは、
ある意味で社会人になりつつある証なのかもしれない。

きっと、こんなことは、他の人にとってはなんてことないことなんだろう。

根がひねくれてるから、こんなところからが始まりだ。

インフルエンザには、みなさんも気をつけて。

ではでは☆



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いや、そりゃー会社からの刷り込みの結果じゃないかとわたしは思うよ!
会社は多額のお金をつぎ込んで、1人の立派なソルジャーを育てることに成功したのw
会社研修のマインドコントロール(洗脳)についてまどちゃんが卒論書いてるよ☆w
ぇ。
2009/09/17 09:01
そうか、すっかり洗脳されたということか、わたしは。
そう思うとちょっと悲しいやね。
しかし明日もソルジャーは出勤せねばならんのですw
のむら
2009/09/30 18:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
オキャクサマ。 日出ずる処/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる