日出ずる処

アクセスカウンタ

zoom RSS こんなことがあってもいいのか。

<<   作成日時 : 2009/03/04 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

興奮しちょります。
こんなことがあっていいのでしょうか。

憧れのあの人と話せるなんて。
これは夢ですね。
あるいは、重度の妄想病ですね。
そっちの方が可能性が高いかもしれません。

でもおそらく本当です。
僕には、大学に入ってから大きな影響を受けた人物がいます。
思想的に。
右翼、と呼んでしまうといろいろ偏見も入ってしまう人もいると思う(むしろそれがほとんどかな)ので、
民族派、としておきます。

その民族派の論客の一人、正確にはその人の本を読んでから、
僕の考えはずいぶん変わりました。
思いっきり左に振れたというか、ある意味では大きく右に突き抜けたというか。

いずれにしても、それくらい衝撃だったわけです。

そして、先日、その人と電話で話すことができたのです。

奇跡です。アンビリーバボーです。

緊張と喜びで鼻血が出るかと思いました。

そして話はそれだけじゃありません。

そもそも電話したのは、ちょっと質問したいことがあって、
連絡先がわかったので連絡させてもらったのですが、
その時、じゃあ、君が書いたものを僕に送ってよ、
ということになりました。

読んでくれるかどうかわからないけどここは思い切って、

と思って、送ってみたところ、

なんとまあ、読んでくれただけじゃなく、

感想を伝えるために僕に電話をくれたのです。

さっき。

まさかと思いましたね。
電話の向こうで名乗った名前が、僕の思想界のカリスマだったんですから。

鼻血を出すことも忘れました。

イメージとしては、いきなり、「こんばんは、竹内結子です」と電話がかかってくるのと同じですよ。
あるいは、「どうも、窪塚洋介です」でもいいですね。

「石原さとみ」でも、「成宮なんとか(思い出せん)」でもなんでもいいです。

鼻血を出すタイミングを忘れてしまう気持ちもわかってもらえるでせう。

しかも、かなり褒めてくれて、お世辞だとわかっていてもうれしいものです。

さらに、極めつけは、「今度本を出すから、送ってあげるよ」。

とっさに、「あの、サインを…」と言ってしまいましたよ、私は。

もう死んでもいいですね。

これは一生忘れられない貴重な体験になるであろうことよ。

孫の代まで言い伝えなければなりませんね。

あ、じゃあそのためにも死ねませんね。

おじいじゃんすごい、と言われるまで、会社の歯車として働いてやりますよ。
ひいおじいじゃん天才、と言われるまで、後期高齢者になっても生き続けてやりますよ。
ひいひいおじいちゃん神だね、と言われる頃には、僕は「仏」になってるのでありましょう。
惜しい。
いや、地獄で苦しんでいるのでしょう。

はー、興奮してしまいました。

それにしても、最近花粉がすごいですね。
始まる前から薬飲んでて、以前のブログでも調子乗ってましたけど、
謝らなきゃいけない感じです。

すみません。
興奮してすみません。

ではではー。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
2度の「おじいじゃん」はワザトなの?w

くにょん、そのうち飲みにつれてってくれるかもよw
ぇ。
2009/03/04 08:37
あ、ほんとだ。

超恥ずかしいけど、おもしろいから直さないでおこうw

一緒に飲めたらたぶん緊張で飲みすぎて記憶なくすね。
のむら
2009/03/10 01:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんなことがあってもいいのか。 日出ずる処/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる